いろいろなストレッチの方法

ストレッチには様々な方法があります。

まず、一番一般的なのがスタティックストレッチングです。反動をつけずに、ゆっくりと筋肉を伸ばしていく方法で、筋肉を痛めずにどの筋肉でも伸ばすことが出来ます。 これと対象的なのがダイナミックストレッチングというもので、弾みをつけながら大きく関節を動かしなから筋肉を緩めていく方法です。ラジオ体操を思い浮かべてもらうのが一番わかりやすいと思います。 そして、さらに反動をつけて行うものをバリスティックストレッチングといいます。 また、ペアで行う方法もあります。伸ばした状態からパートナーに抵抗を加えてもらい、それに反発するように力を入れてから、再度脱力し伸ばしていくものです。ひとりでやるよりもより伸ばすことができます。

コンプレッションストレッチング

一口にストレッチといっても色々な方法があり、それぞれメリットがあります。 ゆっくりと伸ばしていくスタティックストレッチングは、誰でも簡単に行うことが出来るのが最大のメリットです。しかもゆっくりと伸ばしていくので安全に行うことが出来るのもいいところです。 ラジオ体操のように繰り返し体を反動をつけて伸ばしていくダイナミックストレッチングは、体を温めながら伸ばしていくことが出来るのがメリットです。体が温まり、適度に筋肉に刺激も入るので運動をする前のウォーミングアップにはピッタリなのです。 また、伸ばしているときに筋肉に軽い圧迫を加えて行うコンプレッションストレッチングは、普段とは違うところが伸ばせるので、怪我して炎症を起こしていても伸ばすことが出来るのがメリットです。 このように伸ばすにも色々な方法があります。